楽しく安全な旅と、趣味の山登り

旅の記録や山登りをする中で感じた事や見たもの、必要と感じるものなどを紹介していきたいと思います。

妙法ヶ岳と三峯神社

Written By: 岳ちゃん - 3月• 29•17

こんにちは。

 

ようやく自分の事に時間を使えるようになってきました。

ここまで厳しい道のりだったなぁ(ー ー;)

 

新年度こそは!と、ダイエットを決意し、たるんだカラダに鞭打つために

パワーをいただくべく?関東最強?のパワースポットへ行くことにしました。

 

ご紹介の前にいつものご協力、お願いいたします

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

謝謝。

 

 

さて、いよいよ三月も終わりです。

来年度からは職場での肩書きも新たになることとなり

ますますのパフォーマンスを発揮せねばなりません。

年齢もオッサンらしい年になってきました・・・。

 

異動してから数年、本当に余裕がなく、ストレスもひどくて

過食に走っておりました。

お仕事のサイクルやペースもようやく掴めてきて、

潰れがちであった自身の休暇もこれからは少し大切にしていけそうな気配。

 

「新年度こそは!o(`ω´ )o痩せる!」

と、決意を新たにし、関東最強と言われるパワースポットへ

お力?を頂きにお参りをしてこよう。そう考えて

平日ど真ん中のお休みを活用させていただきました。

 

仮眠をとってから出発しましたので、到着は夜中の二時くらい。

夜間の参拝と山頂のご来光と、下山してからのお参りを視野に入れて

行動開始です。

 

 

鳥居の前に来ました。

夜の雰囲気がいいです。

星空と狛狼。

人っ子一人いませんでしたので貸し切り状態。

奥は電気がついていて、夜間も参拝できるようになっています。

 

日中と明らかに違う空気感。

漆黒の闇に包まれた静寂の中、お参りをさせていただきました。

 

 

さて、ゆっくり境内を散策したら、いよいよ奥宮へ向かいます。

 

 

ここが入口。
ちょっと暗いですが日の出に間に合わせるためには仕方ないです。

 

案内もしっかり確認して。

奥宮までは2.5kmだからそこまでの苦難は続かないはず。

 

 

行きはほぼ真っ暗でしたのでここからは帰りに撮影した写真でお伝えします。

 

 

登山道(奥宮参道)の入口には下のようにきちんと登山届の提出箱があります。

また、ルートごとのカウンターが用意されており、自分が進むルートのカウンターを押すという

ものが設置されておりました。

こんな感じ。

注意書きなどが書き込まれた看板もあります。

最後が要注意。( ..)φっと。

 

しばらく(15分から20分くらいだったかしら?)進むと、雲取山方面との分岐に鳥居が。

奥宮と書かれた鳥居をくぐり、参道を進みます。

 

 

道の両脇の木に網が巻いてあり、この間を進めばいいのかな?

といった感じで参道っぽくなっています。

 


一休み用のベンチ
グッと登るともう一つベンチがあり、ここからは大きく急な登りはない感じ。

滑る心配もあるので軽アイゼンを装着します。

 

先ほどのベンチからそう遠くない地点に東屋があります。

ここから霧藻ヶ峰へも行けるようですが踏み跡はありませんでした。

少し奥宮方向へ登って東屋を振り返るとこんな感じ。

 

てくてく歩いていくとまた一つ鳥居が。

このあたりからルートにリスクがあることをお知らせする看板が。

気を付けます。

少し谷が切れ落ちたような場所を歩きますので積雪時は慎重に行くこととします。


また注意書き。

 


こんな感じの場所もあります。

大きな岩の横の階段を過ぎるとあと少しです。
写真手前が奥宮方向。写真奥が三峯神社方向です。


鎖場手前の階段ですが穴が開いた部分もあるので慎重に進みます。

最後の登り、階段部分


最後の登り、鎖部分


到着~~(´ー`)

 


日の出にも間に合いました。


いらっしゃい。よく来たね。

 

 

朝日が昇ると共にお参りをさせていただき、パワーをいただいたような感じになれました。

三峯神社の遥拝殿(ようはいでん)からはこんな風に見えます。

このこんもりしたところまで来ました。

 

 

 

帰り道も当然急なので気を付けていきましょう。

 

 

穴の開いているところも上からだと見えにくいので気を付けてすすみます。

 

 

ということで、朝の三峯神社。鳥居前。

荷物を置いて参拝に来るとチラホラと参拝客がみえだしました。

 

 

正面入り口となる隋身門は雪のためか封鎖されています。

門の反対側は先ほどの遥拝殿へと続いています。

 

遥拝殿側から隋身門方向を見たところ。

奥宮の気を隋身門へ隋身門から本殿、拝殿へ導いています。

 

ちなみに、三峯とは白岩山、雲取山、それと奥宮のある妙法ヶ岳。この三つを総じて三峯としたとのことです。

ご祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉册尊(いざなみのみこと)らしく、熊野信仰にも縁があるらしいです。

 

 


各神社がお祀りしてあります。

伊勢神宮もありました。

 

拝殿の後ろが本殿。
荘厳というか装飾がスゴイです。

 

 

拝殿を正面から。

夜とは全然違った雰囲気ですね。

 

拝殿へ上がる階段。

狛狼がお出迎えです。

奥宮の狛狼は可愛らしい感じがありましたが、こちらは鋭い印象です。

 

 

龍が現れたとご案内の看板があります。見えますか?

 

 

ふっといご神木です。

歴史を感じるとともに、皆さんが触ったところがツルツルになっています。余り触りたくない感じ。

みんなの触ってないところにそっと触れておきました。

 

 

「そびえ立つ」という表現がピッタリです。

 

 

やはり拝殿もキレイで厳かですが奥宮の雰囲気は苦労した分だけ?違うように感じるのではないでしょうか。

 


駐車場には案内看板もありますのでご参考になればと思います。

三峯神社ホームページ」(←クリックで神社のページへ行けます)

 

 

 


最後にもう一度、冬の奥宮をご覧くださいませ。

 

 

以上、関東最強パワースポットと呼ばれる三峯神社と奥宮のある妙法ヶ岳のご紹介でした。

最後までご拝読ありがとうございました。

〜岩櫃山〜

Written By: 岳ちゃん - 3月• 25•17

春になって、里の雪もだいぶ解けて

風に柔らかさと暖かさの感じられる季節になってまいりました。

 

この時期はまだ落葉樹の葉も出ていないため、山に登っても

視界が開けていてとても気持ちか良いです。

 

寒い時期からバイク通勤をして冬山に備えてみましたが、

ようやく顔が痛くならなくなってきてほっこりしている今日この頃です。

 

さて、今回は地元群馬の歴史名高い山に行ってきました。

本編をお送りする前に、いつものお願いです(笑)

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ありがとうございますm(_ _)m

 

学生時代の先生が昔よく若い子たちを連れて体力づくりの一環で登っていたという山。

いつか自分も行ければなぁと思っていましたが、有名温泉地へ向かう道中にあるため

ついつい通り過ぎてしまっていました。

 

日帰りのハイキング的な要素の強い場所を選定するにあたり、このところの歴史ドラマなどでも取り上げられたこの山を選びました。

 

 

今回は難易度の低い平沢登山口からこの山を登りたいと思います。

駐車場に車を停めて歩き出しますが、山の規模と比較しても結構広めの駐車場(無料)です。

帰りには大型のバスも数台停まっておりました。

 

駐車場からすぐの所には案内板が設置されており、各ルートが丁寧に書かれていますので

これを写真に撮っておけば間違いないでしょう。

一段高い広場まで登ると真新しいトイレが設置されていました。

その隣は案内所です。

時間が早いためか開いていませんでした。

案内所の左手奥に進むと登山口です。

城跡へ続く尾根通りのルートと、沢通りルートの分岐もすぐにあります。

沢通りルートの入り口です。

最初は林の中を進みます。

長い霜柱。

暖かくなったとはいえ、まだ夜間は氷点下となるようです。

少し登ると岩櫃城址と沢通りルートの分岐に差し掛かります。


きちんと各所に案内があるため、まず道迷いの心配はないかと思います。

城跡は帰りに見ることにして、右手へ進みます。

沢通り感のある地点に来ました。

沢とはいえ水は流れておりません。

この様な感じの所をしばらく進みますが、ここまで危険な所はこれと言ってありませんでした。

四合目付近

案内に従って進みます。

奇岩・・・と呼んでもいいかしら。

そんな感じの岩が徐々に迫ってきます。

 

「櫃の口」という地点まであと少しのようです。

意味するところがお櫃の口ならば美味しそうで良いですが

棺桶の口みたいな感じだとしたら微妙だなぁとか考えつつ先に進みます。

 

沢通りと尾根通りの分岐。写真左を下っていくと尾根通りから本丸跡へ続くようです。

今は右へ進みます。

「櫃の口」だそうです。

 

櫃の口のすぐ上が天狗の蹴上げ岩です。

妙義とは全然違いますが、鎖や梯子が出てきて、クライミング感が味わえます。

岩と岩の間を通ったり、

切り倒された巨木を横目に、やや勾配がついた道を登って行きます。

もう一段鎖のついた岩場を登って、尾根に出ます。

ここまで来たら、あと少し。

 

見えました~(;・∀・)

アレ?最後の鎖場、意外に本格的~・・・。

山頂手前の小ピークから降りると、蜜岩通りとの合流地点です。

写真だと伝えにくいですが、山頂への最後の鎖場。

かなり角度があります。雪あったら危ないかも。

 

 

ということで山頂。誰もいません(*^-^*)

一応こんなんしてみたり。v(^^)

子持ち山や赤城山、武尊山などがよく見えます。

山頂は視界360度開けているので、草津方面や榛名山など

晴れていると気持ちの良い眺めが楽しめます。

 

帰りは尾根通り方向から帰ります。

顔っぽい岩の穴

 

東京から来たというツアー団体の方々。

スゴイ人数です。

尾根通りで唯一やや危険な箇所の手前。

ここから右手に岩場を巻いていけます。

あ、なんか広いところに出た。

ここなのかー( ..)φ

よくこんなところにお城作ったなぁ~~・・・。

本丸跡から少し下るとまた団体様御一行が。

こちらも20人近くいたでしょうか。

意外と人気のある山のようです。

中城跡。

ここまでくるともうあと少しで駐車場。

見えたー☆

沢通りから山頂、尾根通りから本丸跡を見て、平澤登山口へ戻ってきました。

ゆっくりの往復でも4時間くらいだったかと思います。

気持ちの良いハイキングですが、岩や梯子、鎖場などのエンターテイメント要素がふんだんに感じられます。

帰りは降りてすぐの岩櫃温泉へ。

一応武将になり、

歴史を眺めて、真田丸に出演されたあの人やこの人が来たというサインなんかも見て

最後は榛名湖畔で遅めのランチを食べて帰ってまいりました。

この日は3月25日でしたが、まだかなりの範囲が凍ってました・・・。

 

 

といった感じで「岩櫃山」(←クリックすると東吾妻町の観光案内へ飛びます。)
お送りしてまいりました。

わりかしお手軽にいくことができますので、機会がありましたらば歴史に触れる登山はいかがでしょうか。

今回は4月の満月「ピンクムーン」でお別れです。

最後までご拝読いただきありがとうございました。

燕岳

Written By: 岳ちゃん - 6月• 25•16

久々の更新です。

 

今回は久々の北アルプス。

やっぱりアルプスはスゴイです。

なんといっても綺麗。

残された自然の、昔から続くありのままの姿がそこにあります。

 

 

道のりは険しく、行程が長いということはあるけれど、

登り切った時の感動はひとしおです。

アルプスでの癒しのアレにも出会えました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

それでは、本編に行く前にいつものお願いです。

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

ありがとうございました(^ ^)

ではでは。

 

 

仕事がお休みの土日を利用しての山登りに行ってまいりました。

この時は確か6月。

アルプスには残雪のある時期です。

 

 

いつもどおり?金曜の仕事終わりに出発して、一路安曇野へ。

久しぶりですが、もう何度も来ているので、道も慣れたもんです。

 

数時間で安曇野に到着し、ご存知の方も多いかと思いますが、

国営アルプス安曇野公園」の前の道を通り、中房温泉を目指します。

 

公園前を過ぎたら信号はほとんどないので道なりに進み、

「宮城」の信号を左折。

そのまま案内に従って登っていけば、やがて中房温泉の駐車場へ到着します。

 

早めに着いたので第一駐車場に停めることができました。

 

グーグルマップだとどこが駐車場だかわからないのでGoogleマップに⭐︎マークつけてみました。

もし行かれる方はこの座標を目安にされるとバッチリです(*^^*)

 

 

 

 

夜も明け切らぬうちから、中房温泉の登山口へ。

登山者カードを記入し、出発です。

 

 

薄暗い登山道。

 

登っていくうちに少しづつ明るくなってきます。

 

登山道は初めからいきなりの急勾配です。

 

 

第一ベンチには程なく到着。

水場案内

合戦小屋への荷揚げリフトと登山道の交差地点を過ぎます。

第一ベンチには水場がありましたが、この第二ベンチ以降は水場はありません。

階段もありました。


一定区間ごとにこうした休憩場所があるため、とても登りやすいです。

 

 

見えるかな?中央付近の富士山。

見通しが良い日には富士山のみえる富士見ベンチを過ぎると岩が露出した登山道に変化していきます。

ここまでくると合戦小屋まではあと少しらしい。


あ、屋根が見える。

 

 

合戦小屋に到着。


荷揚げリフトの終点はこんな感じ。

頂上方向。

合戦小屋を過ぎると、だんだんと眺望が良くなってきます。

合戦沢の頭からの山頂方向。

槍ヶ岳が見えます。
頂上まではあと2.3km

合戦沢の頭を過ぎると残雪ゾーンが。
綺麗に切られていて特に危険はありません。

一部鎖のある区間がありますが、身震いするような感じではありませんでした。

見えてから最後の難所?がありますが、燕山荘が見えると安心します。

合戦沢の頭を振り返っって。

燕山荘まであと少し。

この階段が最後にすごくキツく感じました(;´Д`A

展望台から見下ろされています。

展望台からの山頂方向。
圧巻の一言です。

燕山荘の入り口前の広場からの眺望

荷物をデポして身軽に山頂を目指します。

途中のハイマツの茂みに雷鳥さんが
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*


キャワユイ♡

ハクサンイチゲとバックに槍ヶ岳

コレはカヤクグリ?

途中から振り返るとメガネ岩と燕山荘はこんな感じに見えます

燕岳と北燕岳との分岐

頂上まであと少し

到着〜〜(;´Д`A

頂上からは北燕岳が見えます。

戻る途中、至近距離にアレが!!!

観察していると砂浴びを始めました。
ゆったりした動きで全く警戒する様子はありません。


背中にたくさん砂を乗せてトコトコと登山道を歩いて行きました。

キャワユイな〜

 

 

今回は六月でしたので例年だともう少し雪があったらしいですが

暖冬が幸いしていい感じの登山になりました。

 

安曇野からの登山のためアクセスは容易で早めの到着で駐車場の心配もありませんでした。

危険箇所も少ないためにトライしやすい北アルプスの一座ではないかと思います。

 

「北アルプスの女王」の名の通り、本当に綺麗な景色にウットリできて、

何時間でも居たいと思えました。

また行きたいなぁ( ̄▽ ̄)
ということで、燕岳の記録でした。

ご拝読ありがとうございましたm(__)m

赤城山ϵ( ‘Θ’ )϶

Written By: 岳ちゃん - 4月• 25•16

北陸の原風景からひと月ほどして、久々の山登りへ。

 

今回は。。。の前に

 

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

ありがとうございます。

 

*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*

 

さて、今回は近所の赤城山です。

久々の雪山。ウキウキします♫

 

 

天候は微妙な感じが漂っていましたが、

天気図を見ると悪天候というわけでもなさそうでしたので

職場の人と一緒に冬の赤城山へ行きました。

 

朝薄暗いうちに出発して、明るくなってきた頃、

赤城の大沼駐車場から出発。

img_6267
登っている途中の景色は真っ白ですw
img_6266
一面の白・白・白。

ただ、すごい風でもないし、雪がたくさん降っているわけでもないので、

下から見ると、ふんわりとした綿のような雲に覆われていたような感じでしょうか。

 

img_6269
駒ケ岳に到着。
img_6272
黒檜山へ向かいます。

この時期は閑散としがちかと思われていますが、

道中、まずまずたくさんの人々とすれ違っています。

大学生風の男の子や、単独女性や、女性のみのグループ、

シニアな感じの男性、カップルなど、結構な人々がいました。

img_6278
こんな感じの氷柱も趣があります。
img_6280
見えてきました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

相変わらず、辺りは真っ白ですが・・・
img_6284
お参り。
img_6285
赤城のてっぺんから御黒檜大神さまが見守っています。
img_6288
山頂部。

img_6300
10数名の方々が休憩したり、アイゼンを付け直したりしていました。
img_6303
ここで軽く昼食。
img_6298
お祈りが通じたのか晴れ間も見えて、

雪景色なのに山頂は少し暖かいくらいでした。
img_6311
くだり。

私はアイゼンを付けていませんが、あまり滑る感じはありません。

雪山初めての人と一緒なので様子を見ながらゆっくりと降ります。

雪のくだりはどんなに慣れたところでも油断はできません。
img_6312
上から見る赤城神社。

猫岩付近。

 

img_6323
ちょうど霞が晴れて、沼と神社が姿を現してくれました。
img_6353
無事に下って、赤城神社へお参り。

個人的には秋と冬の赤城神社が好きです。

 

img_6333
今年はいいことあるといいね〜ϵ( ‘Θ’ )϶
img_6359
大沼駐車場への途中から見た赤城神社です。

なんども来ているためそれほどの感動はありませんが、

冬はいい感じです。

冷えた体は赤城県道を降りてすぐの「富士見温泉」で温めます。

上にいた登山者もここでひとッ風呂浴びている感じの方が多く見受けられます。
img_6257
入り口
img_6256
効能。

ナトリウム・カルシウム塩化物温泉という温泉で、

温泉好きの人の中でも隠れた名湯?として親しまれているらしいです。
img_6362
ご飯ものもありますのでゆっくりお休みできます♪( ´▽`)
img_6363
疲れた体にガッツリ⭐︎

1日の運動がチャラになりますw

 

地元なので一年を通していつでも来ることができますが、

また秋にでも来たいと思います。

 

⇩⇩秋の覚満淵の様子⇩⇩
dsc09257-copy

最後までご拝読ありがとうございました。

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

作品の使用先覚え書き。

Written By: 岳ちゃん - 4月• 15•16

作品が使用されているサイトが増えてきましたので

ここらで一度覚え書きをしておきたいと思います。

 

気が向いたら見てやっていただいて、

ご意見ご感想、どの写真のことか?クオリティーはどうなのかなど

メッセージを下されば嬉しいです。

 

その前に・・・

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

ではでは、

http://www.kurir.eu/creepy-or-magic-this-is-why-this-flower-is-called-the-ghost-plant-article-1543

http://www.toyotakenpo.jp/provision/medical_benefit/

http://fusamen.net/agaclinic/jimoujinkou/946/

http://ganeshotsavagsb.org/

https://kawaiibeautyjapan.com/article/1669/uniknya-perkebunan-wasabi-di-jepang

http://hope-partners.com/

http://www.fsd-france.com/huh-the-be-able-to-like.htmlhttp://netallica.yahoo.co.jp/news/20150726-03016711-mynavis

http://www.bolsademulher.com/comportamento/como-ter-seu-proprio-negocio-5-ideias-para-investir-e-conquistar-a-independencia

http://pixers.it/immagini-e-poster/brace-74657842?material_id=1&size_id=1http://kuroulizu.seesaa.net/article/428071752.html

httphttp://nekowiz.hamazo.tv/e6423718.html://nekowiz.hamazo.tv/c655100_2.html

http://bbq-wonderland.com/concept.html

http://iriso.org/bridal.html

https://jooy.jp/8984

http://xn--xckta6hj7ic.com/yakibuta-yumeiten/

https://jooy.jp/21039

http://ironna.jp/article/2473

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160121-00010002-wedge-cul&p=4

http://getnews.jp/archives/1430042

http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/28076786/

https://simpleso.jp/shukatsu/

http://news.livedoor.com/article/image_detail/11300793/?img_id=10050935https://courrier.jp/news/archives/44883/

Kamakura, Prominent Resort in Kanagawa – Japan

 

前橋市で20時まで対応!夜間診療が可能な歯医者さん8選

これは絶対渡っておかなきゃ!日本の橋10選

こんな感じかしら。

画像が出てくるサイトとリンクのみのサイトの違いが何なのかわかりませんが

google画像検索すると使われているサイトの特定ができるので便利です。