楽しく安全な旅と、趣味の山登り

旅の記録や山登りをする中で感じた事や見たもの、必要と感じるものなどを紹介していきたいと思います。

秋@ ‘ェ’ @

Written By: 岳ちゃん - 11月• 15•15

更新がまちまちになっている間に、

すでに季節は秋から冬へ移ろうとしております。

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

さて、以前にご紹介しましたストックフォトが

最近ではだいぶ様々なところで使っていただけるようになってきましたので

最近使われたサイトの一覧の意味で、記録しておこうと思います。

 

ご興味のある方はURLをクリックすると私の画像が使われているサイトへジャンプします。

 

 

http://www.toyotakenpo.jp/provision/medical_benefit/

健康保険のサイトで画像を使っていただきました。

 

http://fusamen.net/agaclinic/jimoujinkou/946/

コレがちょっとウケたのですが、薄毛治療のサイト。

毛根が燃える感じの画像イメージとして炎の画像が使われています。

 

http://www.r-shade.com/shousai_a.php?kiji_id=1065BR

こちらは防炎カーテンの注のページで上と同じく炎の画像を使っていただいています。

 

http://ttravel.jp/sp/kokunai/cms/theme/sports/

こちらは大手「Tトラベル」さまのANAさんのゴルフプランに

ゴルフ場の画像を使っていただいています。

 

http://ganeshotsavagsb.org/

和装結婚式の豆知識で妻の画像を使用していただきました♪(´ε` )

 

http://hope-partners.com/

こちらも妻画像をレンタルドレスのサイトに

 

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150726-03016711-mynavis

ヤフーニュースの写真にも☆

 

http://www.bolsademulher.com/comportamento/como-ter-seu-proprio-negocio-5-ideias-para-investir-e-conquistar-a-independencia

こちらは海外のサイトでバラの画像を。

何が書いてあるのかさっぱりわかりませんが健康とか美容とかの感じでしょうか?

 

http://pixers.it/immagini-e-poster/brace-74657842?material_id=1&size_id=1

壁紙にするとこんな感じですよ〜。のサイトのようです。

 

http://kuroulizu.seesaa.net/article/428071752.html

黒猫と魔法使いの。。。のクイズ画像にも。

http://nekowiz.hamazo.tv/c655100_2.html

こんな感じで出題されていたようです。

バゲットの写真。

 

https://welq.jp/2296

こちらもバゲットですがこのサイトは糖質やら何やら健康関連のサイトのようです。

 

http://kawaiibeautyjapan.com/article/1669/uniknya-perkebunan-wasabi-di-jepang

こちらも何て書いてあるかわかりませんが海外のサイト。

カワイイビューティージャパン??のワサビ田のページ?にデカデカと使っていただいています。

 

画像検索すると結構出てきまして、日本だけでなく海外でも使っていただいていることがわかり

使っていただけるような作品を提供できたことの嬉しさにつながります。

 

職場でも広報誌に写真を使ってくださったりして、皆さんからの反応が嬉しいです。

IMG_5560

 

 

中禅寺湖の上?の三本松駐車場にて撮影しました。

本物は画像データが12MB近くあるのでこちらは1/12にしてあります。

 

月のない夜でしたので紅葉と男体山とオリオン座を撮りに行きました。

気温は4度ほど。

駐車場には意外とたくさんの人々が星空を撮りに来ておりました。

 

image

露光時間の短いものと比べると画像は荒くなりますが長めに撮った方が明るくなります。

しかし、星はたったの数十秒でも動いて、点ではなく線になってしまうため

開けすぎてもまた微妙な写真になってしまいます。

 

夜空の撮影もだんだんと経験を積んでいけたらと思います。

 

 

 

 

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

久々(´・_・`)

Written By: 岳ちゃん - 7月• 15•15

季節は夏真っ盛り

いよいよの季節がやって来ました♪( ´▽`)

 

一年に一度の夏の風物詩「花火大会」です☆

最近は写真の撮影を趣味にしているので

毎年の季節イメージのクオリティーを高めていくために

日々精進しています。

IMG_0066

今年は今の所、大洗・柏崎・長岡の花火大会を見ることができました。

花火の撮影は夜間であることと

被写体が遠いこと、更に対象が常に動いているために

初心者の私にはピント合わせがとっっっっっっっっっても難しいです。

加えて明るさなども変化が大きく、

数秒間〜10数秒間シャッターをあけるような撮影では

その調整も行わなくてはなりません。

 

IMG_0068

 

暗い設定にしてシャッターを長めに開けるか

明るい設定にしてシャッターを短く開けるか

またはシャッターを開けている間に何かで覆うとか

なんだか色々な技術が必要です。

 

IMG_0069

中にはまずまずのが撮れますが

数百枚撮ったうち、良いなと思うのは本当に数枚です( ;´Д`)

IMG_0067

 

うまく撮れるようになりたい(T ^ T)

 
あ、
⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

 

最後までご拝読ありがとうございました♪( ´▽`)

早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ②

Written By: 岳ちゃん - 5月• 03•15

はいっ

と、言うわけで

「早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ 」

②でございます。

 

群馬といえば赤城、榛名、妙義

ですが

 

前回と今回でこのうち二つまでを

ご紹介してしまいます。

 

 

さて、群馬県の・・・

いや、日本の中央部といっても過言ではないでしょう

 

榛名山の中腹?に鎮座する

榛名神社のご紹介です。

 

榛名山の住所は群馬県高崎市榛名湖町

榛名神社の住所は群馬県高崎市榛名山町

という感じで、とてもわかりやすくなっております。

 

上のところにもありますが

榛名神社の公式ホームページは

こちら→「榛名神社HP

 

「る◯ぶ」や「じゃ◯ん」などでも

パワースポットとして紹介されています。

 

 

IMG_0158

 

 

 

 

門をすっ飛ばしていきなり参道です 笑

 

まぁこんな感じで苔むした石垣やらが

風情豊かな感じで、朝なんかは人も少なくて空気が清々しく感じます。

 

IMG_0127

 

 

 

手水舎で手と口を清めます。

 

ここまでにはすでにおみやげ屋さんやら

七福神の銅像やらがそこかしこに並んでおりますが

その辺は行った時のお楽しみとしておきます。

 

IMG_0122

 

 

 

こんな感じの参道です。

 

本殿は割と上の方なので、軽くハイキング気分です。

ここまで整備されていなかった建立当時は

お参りといっても軽く山登りな感じであったと思われます。

 

IMG_0132

 

 

 

先ほどの階段を上から見下ろした感じ。

 

迫る大岩に迫力があります。

 

 

IMG_0154

 

 

 

本殿と額殿

IMG_0148

 

 

 

 

違う角度から

 

IMG_0110

 

 

 

 

ご家族でお参りでしょうか。

全体的にはカップルが目立ちますが、

学生さんの合格祈願的なご家族もいらっしゃいました。

 

IMG_0124

 

 

 

 

まぁ歴史が古いと杉の木もこんなに大きくなるものです。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の杉の木のテーブルを思い出します。

こんくらいはあったのかしら?

 

 

バレてると思いますがあまり写真撮ってませんので

それほど紹介していないと思いますが 笑

 

こんなもんです。

 

後は現地で実際に見ていただけるといいかと思います。

いいかんじのパワー感じられるかと思います。

 

個人的には新潟の弥彦神社が一番鳥肌立ちました。

 

最後に榛名富士と榛名湖の写真をお付けして

日本が誇る名所の一つ

榛名神社の感じの記事を終わりにしたいと思います。

 

雰囲気だけでも感じられましたら幸いです。

 

 

IMG_0099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご拝読ありがとうございました〜

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ①

Written By: 岳ちゃん - 4月• 23•15

春です。。。

近所の敷島公園では、バラが満開となっています。

イメージの中で、一番バラっぽいバラがありました。

 

「レトランジェ」という名前のバラです。

フランス語で「異邦人」という意味らしい。

異邦人………か? ~_~;

IMG_0073

 

そして、ちょっと変わった感じのバラ

IMG_0076

 

こちらは「ジプシーボーイ」

ジプシーは放浪民族だったような…

となるとこれは放浪民族の少年???

 

誰が名前つけてんだろ(⌒-⌒; )

 

 

バラ園の夜はイベント期間中ライトアップされます。

IMG_0668

 

イメージこんな感じです。

期間中の休日は混雑しますが

夜は空いていて いい感じです☆

 

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ♡

 

 

さて、いよいよの本題の前に

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

ありがとうございmath( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ここからは山登りブログらしい記事です。

 

 

暖かくなってきて

なおかつ木々の葉が生い茂らない早春は

稜線がくっきりとしていて雪もそれほど無く

登山者も少なめな時期で山は静かです。

 

なかなかまとまったお休みを山登りに当てられず

アルプスへも行けないため、

近所のお山で欲求を満たします(“,_’)

 

 

今回はアウトドアカメラマンっぽく こんな感じでいきます。

FullSizeRender

 

 

 

(笑)

 

というわけで

IMG_0206

 

 

 

豊富な水と標高などの環境による湿地帯の形成で「小尾瀬」ともいわれる、

群馬県民なら誰もが知っている?かもしれない覚満淵へやって来ました。

朝が早すぎるのか誰もいません(笑)

 

準備体操がてらゆっくり散歩して

覚満淵の奥へ

IMG_0205

 

静かでいいです。

IMG_0203

 

 

雲ひとつ無い青空

左の山は地蔵岳です。

その名の通り?上にはお地蔵さんがいます。

 

ここからさらに奥の見晴らしへと登っていきます。

IMG_0202

 

 

 

上から見た感じ。

右側は駒ヶ岳と黒檜山です。

 

今回はまず、写真左のほうから

長七郎山を目指します。

 

IMG_0198

 

シジュウカラ?かしら( ? _ ? )

IMG_0201 2

 

長七郎山へ登る途中の小地蔵岳。

頂上部分だけ雪があります。

 

まだ2メートル近くの残雪。

少しひんやりしていて気持ち良い♪(´ε` )

IMG_0200 2

 

お次は長七郎山です。

 

IMG_0199 2
で、頂上(笑)
 

大した所もなく間がすっ飛びましたが

小地蔵岳から起伏も少なくそれほど離れていません。

向こうに地蔵岳が見えます。

IMG_0197

 

瓦礫の山頂

初日の出とかはとてもよく見えそうです。

ま、こちらとは反対側ですが

IMG_0194

 

少し下るとこんなのがあります。

IMG_0192

 

冬を越した白樺の木肌が綺麗です(^_^)☆

IMG_0190

 

長七郎山から下ってきて

オトギの森と小沼方面との分岐

ここを小沼方面へ。

 

 

IMG_0186

 

小沼まで下りてまいりました。

 

IMG_0188

 

さて、お次は向こうに見える地蔵岳です。

 

IMG_0187 2

 

年配のご夫婦が先行していました。

 

IMG_0184

 

中腹まで来て振り返ると先ほど登ってきた長七郎山と小沼が見えます。

 

IMG_0182 2

 

山頂に到着。

 

IMG_0174

 

山頂付近から覚満淵。

 

IMG_0177

 

山頂より大沼方面

 

IMG_0178

 

赤城神社を拡大してみました。

木々に葉がないのでちと寂しいですが水面に映る様子が美しいです。

 

IMG_0173

 

残雪の道を下ります。

 

初めてだと不安になるかもしれませんが

踵を突き刺すように?歩ける方はアイゼンは要らないと思います。

不安を覚える方は軽アイゼンがあると楽に下れると思います。

 

IMG_0172

先ほどの残雪部分を下りて振り返った所。

足跡がよく見えます(^ ^)

 

IMG_0171

更に下って山頂方向を振り返った所です。

この辺もおおよそ1メートル以上は残雪がありました。

気温が高めでしたので踵はよく刺さりましたが、

雪崩防止のため、なるべくまっすぐ降りると良いと思います。

 

IMG_0169

弁天様まで下りてまいりました。

 

IMG_0161

時間も早かったので赤城神社へ(^人^)

 

IMG_0168

鳥居をくぐらず横を通ります(笑)

 

IMG_0165

 

手を清めて

 

IMG_0164

お参り(^ ^)

無事に登らせていただきました。

IMG_0196 2

快晴の空の下

簡単なランチ?を食べてからゆっくり下山。

 

早春の山登り、地元のお山もいつも新しい発見があって

小沼にも大きなお魚がいるのを見られたし

快晴の中、気持ちよく登ることができました。

 

DSC06989

と、いう事で、早春の赤城山。いかがでしたでしょうか?

ゲンカイツツジの淡い感じとともに

「早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ①」おしまいです。

今回もご拝読ありがとうございました(・◇・)/~~~♪♪

 
 

次回の「早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ②」では、

身近にありながら、それほど行かない

全国的にはまぁまぁのパワースポット「榛名神社」の感じをご紹介いたします♪♪

ではでは♪(´ε` )

 

 

 

四年の月日(´・_・`)

Written By: 岳ちゃん - 4月• 11•15

四月です!

地元の桜前線はだいぶ北上し

既に東北地方へとその足を伸ばしています。

IMG_0719

 

 

 

 

 

 

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

介護保険の改正と

年度末の仕事の忙しさに

月命日であり、節目である

3月11日に

東北地方を訪れることはかないませんでしたが

そのようなことを考えていた矢先

当時からのお付き合いのある方々より

住田町社協のY田さんがご退任との事で

慰労会を開催する旨のお誘いを受けました。

 

折に触れて度々東北地方を訪れていますが、

当時の大黒柱の退任は、時の流れを感じずにはいられません。

 

職場に有休を頂いて、

このお誘いに承諾する旨の連絡を入れました。

 

例によって金曜日の夜出発です。

仙台付近に夜中に到着。

松島のあたりで車中泊して

花巻市へ。

IMG_3668

 

 

 

 

 

 

こちら岩手にも、ようやく春が来ていました。

 

桜はまだ咲いていません。

仙台のあたりが満開で

こちらが咲き出すのは来週くらいでしょうか?

IMG_3669

 

 

 

 

 

IMG_3626

 

 

 

 

 

 

 

こんなことでもなければ

訪れることがなかった「渡り温泉」(←HP)

 

IMG_3627

 

 

 

 

 

 

 

 

渡り温泉 ホテルさつき

会場は「別邸 楓」

IMG_3629

 

 

 

 

 

 

 

 

「住田町基地有志 様」

と書かれています。

 

感慨深いです。

 

IMG_3631

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしい顔ぶれにテンションも上がります。

初めましての方々、初めましてでございましたm(_ _)m

 

細かい内容は割愛させていただきますが

Y田さん、本当に長い間お疲れ様でした。

 

こんな絆が有るのは、住田を率いてきた

Yさんをはじめとする地域の温かいご支援のおかげだと思います。

定期的にまた集まれると良いですね☆

 

IMG_3673

 

 

 

 

 

 

久々の大股

 

IMG_3674

 

 

 

 

 

 

 

本部

IMG_3675

 

 

 

 

 

 

 

発足時の写真が今も飾ってあることに

ウルウルします(T ^ T)

IMG_3676

 

 

 

 

 

 

 

岩手の今を

写真に収めてきました。

 

IMG_3678

 

 

 

 

 

 

IMG_3679

 

 

 

 

 

 

 

高田の雇用促進住宅

IMG_3681

 

 

 

 

 

 

 

慰霊碑に供えられた花と言葉

 

IMG_3682

 

 

 

 

 

 

 

モニュメントとして残された

「奇跡の一本松」

 

IMG_3685

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3694

 

 

 

 

 

 

崩れたまま

そう、四年間もそのままの

堤防や家屋の跡

IMG_3689

 

 

 

 

 

 

IMG_3697

 

 

 

 

 

 

大谷海岸駅

IMG_3703

 

 

 

 

 

 

奥松島観光の拠点駅

野蒜駅

IMG_3718

 

 

 

 

 

IMG_3720

 

IMG_3717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥松島へ向かう道

 

復興にはあまりに多くの時間が掛かる

「復興予算はどこへ行ってるのか?」

と、様々な方々がおっしゃっていました。

 

未だに電気も開通していない地域がある。

これが四年経った現地の現実だなと

実感しました。

 

もちろん、造成の進んでいるところもあります。

全く進んでいないわけではありませんし

当時のように急を要するボランティアの

多くの手助けという意味では

その必要性は乏しくなっています。

 

しかし、今でもなお、津波がすぐ来そうな海岸に

止むを得ず仮設での暮らしをされている方々も多くおりました。

 

旅をするだけでも

東北復興へのお手伝いになります。

 

機会がありましたら

ぜひ東北へ足を運ばれることを

お勧めいたします。

 

それでは今回はこの辺で。

 

最後に、

職場で100歳を迎えた方の

手の写真を掲載させていただき

今回の旅のお話を締めたいと思います。

 

DSC07021

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの御霊の安らかなご冥福と

いまだ見つかっておられない方々の

一人でも多くの発見をお祈りして。