楽しく安全な旅と、趣味の山登り

旅の記録や山登りをする中で感じた事や見たもの、必要と感じるものなどを紹介していきたいと思います。

江ノ島〜鎌倉

Written By: 岳ちゃん - 11月• 30•15

かなり寒くなってまいりました。

皆様体調などいかがでしょうか・・・。

 

先日は何が悪かったのかお腹の調子が悪くなり

仕事を休んで家で寝込んでいました。

ウイルス性の胃腸炎やら風邪やらが今年も新型を量産し

人々に猛威をふるっていらっしゃるようですので

皆さんもお気をつけくださいませ( ;´Д`)

 

それではいつものごとくこちらのリンクからランキングUpのための

ご協力をお願い申し上げますm(_ _)m

 

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

さて、今回は久々の土日の連休を使って

あの湘南爆走族。。。他にも湘南純愛組やらサザンやら

様々なドラマやらetc…などなどで有名な観光地

江ノ島〜鎌倉へ20数年ぶりに行ってまいりました。

もうほとんど記憶なかったですが(笑)

 

岩手やら広島やら青森やら普通に行っているせいか

鎌倉まではほんのお散歩程度の移動距離です。

 

それでも多少はゆっくり観光したいと思い

一泊二日の予定を組みました。

 

圏央道があるおかげで藤沢市へのアクセスも格段に良い時代になりました。

高速道路さまさまです♪(´ε` )

 

朝出発して、昼前くらいには到着しました。

途中で「ブラタモリ」の江ノ島編を見ながら大体の目星をつけていましたが

スクリーンショット 2016-02-02 9.17.15

 

海岸沿いはかなりの渋滞です( ;´Д`)

その上駐車場料金はすごい値段・・・。

 

事前の調査不足でしたが、こりゃダメだ(^^;;

仕方がなく藤沢市内の最安立体駐車場へ行くことに。

ここからなら休日は何時間止めても最大900円。

江ノ電フリーパスを利用しても海岸沿いの駐車場料金以下で観光ができます。

 

どケチ旅行ですからこういうところは大事です。

さすがに2時間3000円とかバカバカしいです。

繰り返しますが藤沢駅前の駐車場は1日停めっぱなしでも900円程度。

価格差にびっくりです。

 

渋滞に巻き込まれるなどしたおかげ様で

江ノ島に着いたのはトワイライトタイム。

DSC04509

ちょうど夕日が沈む時間は逃しましたが、まずまずの時間に到着できまして

夜景が綺麗だという江ノ島神社の上にあるサムエルコッキング苑を目指します。

 

ブラタモリで見た七里ヶ浜のあたりから江ノ島への道を歩きます。

海岸沿いで雰囲気が良いです。

ご覧になった方はご存知かもしれませんが

江ノ電のすれ違い運転場所で鉄道の切替器が動く様子なども見ながら

路面区間になった部分などを見ながら散策します。

DSC04518

江ノ島近くの海岸まで来ると

ライトアップされた江ノ島の上にはキャンドルタワー。

あの上からの夜景が見たい(*`▽´*)

DSC04531

小学生の旅行で通ったハズの江ノ島大橋・・・

こんな感じだったのかしら?

 

正しくはシーキャンドルというのだそうですが

展望台からの眺めは秀逸でした。

DSC04567

暖かい湘南といえど夜はそこそこの冷え込み具合。

にもかかわらず、多くの方が夜景を見に来られておりました( ̄ー ̄)

DSC04544

ひとしきり夜景を堪能したのちは再び藤沢の駅前へ移動。

今宵の宿としようかと思いましたがこの駐車場は泊まりはNGらしく

タイムズ藤沢合同庁舎へ。

 

ここなら朝まで800円とのことです。(H27年11月時点)

車中泊は無料駐車場や道の駅がありがたいですが、

この近辺にはあいにくそういったものは見当たらず、

翌日の鎌倉の移動も考えると今回の旅ではこの辺りがベターではなかろうかと思われます。

 

土日のため庁舎を利用する方は少なくて、静かな夜〜朝を過ごすことができました。

 

朝は江ノ電石上駅から鎌倉を目指します。

DSC04570

気持ちの良いお天気で、上着もいらないくらいの陽気。

北風の吹き荒れる北国群馬とはえらい違いです( ;´Д`)

 

 

早起きしたため8時前には鎌倉駅につきました。

まだ全然人のいない店も開いていない小町通を抜けて鶴岡八幡宮へ。

DSC04671

「銭洗弁天はこちらへ」の看板があったことを頭の片隅に止めておきます。

 

人がいないのでこの時間はとても観光しやすく、小町通もこの通り↑。

 

DSC04583

 

 

 

 

 

 

参道も混雑がなくいい感じです。

 

DSC04584

 

 

 

 

 

 

 

見えてきました。

DSC04593

 

 

 

 

 

 

 

この道をいつか歩いたのでしょうが全く覚えがありません(笑)

DSC04603

 

 

 

 

 

 

 

ここに例のイチョウの木があったのは覚えていましたが、

何時ぞやの強風でこの通りです。時の流れを感じます( ´Д`)y━・~~

DSC04612

 

 

 

 

 

 

 

DSC04623

 

 

 

 

 

 

 

 

境内もいい感じにすいています。

DSC04639

 

 

 

 

 

 

 

 

下に降りると、これから結婚式なのでしょうか?

どこかの方々が橋のところで写真を撮っておりました。

 

いい雰囲気です(*^^*)

 

 

 

ゆっくり散策しているとだんだんと人が増えてきたので次の目的地

銭洗弁天を目指します。

DSC04672

 

小町通りへ入り、先ほどの銭洗弁天の看板を頼りに行けば、

地図はなくてもたどり着けるように配慮されています。

DSC04674

 

 

 

 

 

 

 

 

案内通りに行くとこの佐助隧道というトンネルを抜けてその先を右折していくようです。

ここまで来たらあと少し。

DSC04677

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが銭洗弁天への入り口のようです。

鶴岡八幡宮からは徒歩で30分程度でしょうか?

朝のお散歩にはちょうどいい感じの距離ではないかと思われます。

 

 

この銭洗弁天、正式名称は「銭洗弁天宇賀福神社」とかなんとか言うらしいです。

宇賀福ってちょっと聞きなれないなぁ。。。

調べてみたら↓こんなん( ゚д゚)

宇賀神女性 宇賀神

 

 

宇賀神・・・。

・・・・・・。

 

 

 

 

DSC04680

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して先に進みます。

 

先ほどの入り口から潜入し、洞窟を抜けると

その先に弁天神社やら上之水神社、下之水神社、銭を洗う場所なんかがあります。

DSC04690

 

 

 

 

 

 

 

洞窟内。

DSC04689

 

 

 

 

 

 

 

 

洗いはしませんでしたが雰囲気はみてまいりました。

ザルを使わない人もいるようでした。

 

銭洗弁天自体はそれほど大きな敷地ではなく、正味10分もあれば自分的にはいい感じでした。

 

奥へ進むと「佐助稲荷」への案内があり、それに従って進みます。

 

DSC04699

 

 

 

 

 

 

 

 

京都のアレみたいな感じ。

 

DSC04715

 

 

 

 

 

 

 

 

佐助稲荷さまです。

 

この奥へ進むとこれでもかと言うくらい狐がいます。

何か写っていてもアレなのでご自身の目でご覧いただければと思います(笑)

 

少しばかりわかりにくいですが更にその奥が「源氏山〜大仏殿」への近道となっています。

DSC04722

 

 

 

 

 

 

 

 

このような柵が設置されている山道を登っていきます。

DSC04723

 

 

 

 

 

 

 

 

降りるとそこは住宅地。

DSC04726

 

 

 

 

 

 

 

 

くずはらがおか・だいぶつ はいきんぐこーす。(←詳細はリンクをクリック)

という経路であったようです。

 

この看板から更に歩くこと十数分。

いよいよ大仏のところまできました。

DSC04737

 

 

 

 

 

 

 

 

いるいる。

DSC04744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはさすがに覚えがありました。

DSC04773

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭のブラタモリでも訪れていた

鎌倉大仏殿高徳院です。

 

 

写真はありませんがこの後は長谷寺へ行き、道中で名物の「たこせんべい」をいただきます。

目の前で焼かれるタコの感じがなんとも言えず、焼きたてを食べられるのもまた格別です。

DSC04784

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま由比ガ浜へ歩いて行ったのですが、途中にあるしらす直売所で

生しらすがとてもお求めやすく手に入りました。

 

店のすぐ横では採れたばかりのしらすを選別しておられたりして

まさに新鮮そのものを戴くことができます♪(´ε` )

 

鎌倉しらす三郎丸」(←詳細はリンクをクリック)

スクリーンショット 2016-02-02 10.38.24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

位置はこの辺です。

すぐ近くにコンビニがあり、白飯を買ってしらす丼にしていただきました(*^^*)

味が濃くて美味です♡

 

 

と、このような感じで20年ぶりくらいの江ノ島鎌倉観光を楽しんでまいりました。

ご参考になれば幸いです。

 

季節を変えて、また行けたらいいな(*☻-☻*)

ではでは。

DSC04814

秋@ ‘ェ’ @

Written By: 岳ちゃん - 11月• 15•15

更新がまちまちになっている間に、

すでに季節は秋から冬へ移ろうとしております。

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

さて、以前にご紹介しましたストックフォトが

最近ではだいぶ様々なところで使っていただけるようになってきましたので

最近使われたサイトの一覧の意味で、記録しておこうと思います。

 

ご興味のある方はURLをクリックすると私の画像が使われているサイトへジャンプします。

 

 

http://www.toyotakenpo.jp/provision/medical_benefit/

健康保険のサイトで画像を使っていただきました。

 

http://fusamen.net/agaclinic/jimoujinkou/946/

コレがちょっとウケたのですが、薄毛治療のサイト。

毛根が燃える感じの画像イメージとして炎の画像が使われています。

 

http://www.r-shade.com/shousai_a.php?kiji_id=1065BR

こちらは防炎カーテンの注のページで上と同じく炎の画像を使っていただいています。

 

http://ttravel.jp/sp/kokunai/cms/theme/sports/

こちらは大手「Tトラベル」さまのANAさんのゴルフプランに

ゴルフ場の画像を使っていただいています。

 

http://ganeshotsavagsb.org/

和装結婚式の豆知識で妻の画像を使用していただきました♪(´ε` )

 

http://hope-partners.com/

こちらも妻画像をレンタルドレスのサイトに

 

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150726-03016711-mynavis

ヤフーニュースの写真にも☆

 

http://www.bolsademulher.com/comportamento/como-ter-seu-proprio-negocio-5-ideias-para-investir-e-conquistar-a-independencia

こちらは海外のサイトでバラの画像を。

何が書いてあるのかさっぱりわかりませんが健康とか美容とかの感じでしょうか?

 

http://pixers.it/immagini-e-poster/brace-74657842?material_id=1&size_id=1

壁紙にするとこんな感じですよ〜。のサイトのようです。

 

http://kuroulizu.seesaa.net/article/428071752.html

黒猫と魔法使いの。。。のクイズ画像にも。

http://nekowiz.hamazo.tv/c655100_2.html

こんな感じで出題されていたようです。

バゲットの写真。

 

https://welq.jp/2296

こちらもバゲットですがこのサイトは糖質やら何やら健康関連のサイトのようです。

 

http://kawaiibeautyjapan.com/article/1669/uniknya-perkebunan-wasabi-di-jepang

こちらも何て書いてあるかわかりませんが海外のサイト。

カワイイビューティージャパン??のワサビ田のページ?にデカデカと使っていただいています。

 

画像検索すると結構出てきまして、日本だけでなく海外でも使っていただいていることがわかり

使っていただけるような作品を提供できたことの嬉しさにつながります。

 

職場でも広報誌に写真を使ってくださったりして、皆さんからの反応が嬉しいです。

IMG_5560

 

 

中禅寺湖の上?の三本松駐車場にて撮影しました。

本物は画像データが12MB近くあるのでこちらは1/12にしてあります。

 

月のない夜でしたので紅葉と男体山とオリオン座を撮りに行きました。

気温は4度ほど。

駐車場には意外とたくさんの人々が星空を撮りに来ておりました。

 

image

露光時間の短いものと比べると画像は荒くなりますが長めに撮った方が明るくなります。

しかし、星はたったの数十秒でも動いて、点ではなく線になってしまうため

開けすぎてもまた微妙な写真になってしまいます。

 

夜空の撮影もだんだんと経験を積んでいけたらと思います。

 

 

 

 

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

久々(´・_・`)

Written By: 岳ちゃん - 7月• 15•15

季節は夏真っ盛り

いよいよの季節がやって来ました♪( ´▽`)

 

一年に一度の夏の風物詩「花火大会」です☆

最近は写真の撮影を趣味にしているので

毎年の季節イメージのクオリティーを高めていくために

日々精進しています。

IMG_0066

今年は今の所、大洗・柏崎・長岡の花火大会を見ることができました。

花火の撮影は夜間であることと

被写体が遠いこと、更に対象が常に動いているために

初心者の私にはピント合わせがとっっっっっっっっっても難しいです。

加えて明るさなども変化が大きく、

数秒間〜10数秒間シャッターをあけるような撮影では

その調整も行わなくてはなりません。

 

IMG_0068

 

暗い設定にしてシャッターを長めに開けるか

明るい設定にしてシャッターを短く開けるか

またはシャッターを開けている間に何かで覆うとか

なんだか色々な技術が必要です。

 

IMG_0069

中にはまずまずのが撮れますが

数百枚撮ったうち、良いなと思うのは本当に数枚です( ;´Д`)

IMG_0067

 

うまく撮れるようになりたい(T ^ T)

 
あ、
⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

 

最後までご拝読ありがとうございました♪( ´▽`)

早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ②

Written By: 岳ちゃん - 5月• 03•15

はいっ

と、言うわけで

「早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ 」

②でございます。

 

群馬といえば赤城、榛名、妙義

ですが

 

前回と今回でこのうち二つまでを

ご紹介してしまいます。

 

 

さて、群馬県の・・・

いや、日本の中央部といっても過言ではないでしょう

 

榛名山の中腹?に鎮座する

榛名神社のご紹介です。

 

榛名山の住所は群馬県高崎市榛名湖町

榛名神社の住所は群馬県高崎市榛名山町

という感じで、とてもわかりやすくなっております。

 

上のところにもありますが

榛名神社の公式ホームページは

こちら→「榛名神社HP

 

「る◯ぶ」や「じゃ◯ん」などでも

パワースポットとして紹介されています。

 

 

IMG_0158

 

 

 

 

門をすっ飛ばしていきなり参道です 笑

 

まぁこんな感じで苔むした石垣やらが

風情豊かな感じで、朝なんかは人も少なくて空気が清々しく感じます。

 

IMG_0127

 

 

 

手水舎で手と口を清めます。

 

ここまでにはすでにおみやげ屋さんやら

七福神の銅像やらがそこかしこに並んでおりますが

その辺は行った時のお楽しみとしておきます。

 

IMG_0122

 

 

 

こんな感じの参道です。

 

本殿は割と上の方なので、軽くハイキング気分です。

ここまで整備されていなかった建立当時は

お参りといっても軽く山登りな感じであったと思われます。

 

IMG_0132

 

 

 

先ほどの階段を上から見下ろした感じ。

 

迫る大岩に迫力があります。

 

 

IMG_0154

 

 

 

本殿と額殿

IMG_0148

 

 

 

 

違う角度から

 

IMG_0110

 

 

 

 

ご家族でお参りでしょうか。

全体的にはカップルが目立ちますが、

学生さんの合格祈願的なご家族もいらっしゃいました。

 

IMG_0124

 

 

 

 

まぁ歴史が古いと杉の木もこんなに大きくなるものです。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の杉の木のテーブルを思い出します。

こんくらいはあったのかしら?

 

 

バレてると思いますがあまり写真撮ってませんので

それほど紹介していないと思いますが 笑

 

こんなもんです。

 

後は現地で実際に見ていただけるといいかと思います。

いいかんじのパワー感じられるかと思います。

 

個人的には新潟の弥彦神社が一番鳥肌立ちました。

 

最後に榛名富士と榛名湖の写真をお付けして

日本が誇る名所の一つ

榛名神社の感じの記事を終わりにしたいと思います。

 

雰囲気だけでも感じられましたら幸いです。

 

 

IMG_0099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご拝読ありがとうございました〜

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ①

Written By: 岳ちゃん - 4月• 23•15

春です。。。

近所の敷島公園では、バラが満開となっています。

イメージの中で、一番バラっぽいバラがありました。

 

「レトランジェ」という名前のバラです。

フランス語で「異邦人」という意味らしい。

異邦人………か? ~_~;

IMG_0073

 

そして、ちょっと変わった感じのバラ

IMG_0076

 

こちらは「ジプシーボーイ」

ジプシーは放浪民族だったような…

となるとこれは放浪民族の少年???

 

誰が名前つけてんだろ(⌒-⌒; )

 

 

バラ園の夜はイベント期間中ライトアップされます。

IMG_0668

 

イメージこんな感じです。

期間中の休日は混雑しますが

夜は空いていて いい感じです☆

 

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ♡

 

 

さて、いよいよの本題の前に

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

ありがとうございmath( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ここからは山登りブログらしい記事です。

 

 

暖かくなってきて

なおかつ木々の葉が生い茂らない早春は

稜線がくっきりとしていて雪もそれほど無く

登山者も少なめな時期で山は静かです。

 

なかなかまとまったお休みを山登りに当てられず

アルプスへも行けないため、

近所のお山で欲求を満たします(“,_’)

 

 

今回はアウトドアカメラマンっぽく こんな感じでいきます。

FullSizeRender

 

 

 

(笑)

 

というわけで

IMG_0206

 

 

 

豊富な水と標高などの環境による湿地帯の形成で「小尾瀬」ともいわれる、

群馬県民なら誰もが知っている?かもしれない覚満淵へやって来ました。

朝が早すぎるのか誰もいません(笑)

 

準備体操がてらゆっくり散歩して

覚満淵の奥へ

IMG_0205

 

静かでいいです。

IMG_0203

 

 

雲ひとつ無い青空

左の山は地蔵岳です。

その名の通り?上にはお地蔵さんがいます。

 

ここからさらに奥の見晴らしへと登っていきます。

IMG_0202

 

 

 

上から見た感じ。

右側は駒ヶ岳と黒檜山です。

 

今回はまず、写真左のほうから

長七郎山を目指します。

 

IMG_0198

 

シジュウカラ?かしら( ? _ ? )

IMG_0201 2

 

長七郎山へ登る途中の小地蔵岳。

頂上部分だけ雪があります。

 

まだ2メートル近くの残雪。

少しひんやりしていて気持ち良い♪(´ε` )

IMG_0200 2

 

お次は長七郎山です。

 

IMG_0199 2
で、頂上(笑)
 

大した所もなく間がすっ飛びましたが

小地蔵岳から起伏も少なくそれほど離れていません。

向こうに地蔵岳が見えます。

IMG_0197

 

瓦礫の山頂

初日の出とかはとてもよく見えそうです。

ま、こちらとは反対側ですが

IMG_0194

 

少し下るとこんなのがあります。

IMG_0192

 

冬を越した白樺の木肌が綺麗です(^_^)☆

IMG_0190

 

長七郎山から下ってきて

オトギの森と小沼方面との分岐

ここを小沼方面へ。

 

 

IMG_0186

 

小沼まで下りてまいりました。

 

IMG_0188

 

さて、お次は向こうに見える地蔵岳です。

 

IMG_0187 2

 

年配のご夫婦が先行していました。

 

IMG_0184

 

中腹まで来て振り返ると先ほど登ってきた長七郎山と小沼が見えます。

 

IMG_0182 2

 

山頂に到着。

 

IMG_0174

 

山頂付近から覚満淵。

 

IMG_0177

 

山頂より大沼方面

 

IMG_0178

 

赤城神社を拡大してみました。

木々に葉がないのでちと寂しいですが水面に映る様子が美しいです。

 

IMG_0173

 

残雪の道を下ります。

 

初めてだと不安になるかもしれませんが

踵を突き刺すように?歩ける方はアイゼンは要らないと思います。

不安を覚える方は軽アイゼンがあると楽に下れると思います。

 

IMG_0172

先ほどの残雪部分を下りて振り返った所。

足跡がよく見えます(^ ^)

 

IMG_0171

更に下って山頂方向を振り返った所です。

この辺もおおよそ1メートル以上は残雪がありました。

気温が高めでしたので踵はよく刺さりましたが、

雪崩防止のため、なるべくまっすぐ降りると良いと思います。

 

IMG_0169

弁天様まで下りてまいりました。

 

IMG_0161

時間も早かったので赤城神社へ(^人^)

 

IMG_0168

鳥居をくぐらず横を通ります(笑)

 

IMG_0165

 

手を清めて

 

IMG_0164

お参り(^ ^)

無事に登らせていただきました。

IMG_0196 2

快晴の空の下

簡単なランチ?を食べてからゆっくり下山。

 

早春の山登り、地元のお山もいつも新しい発見があって

小沼にも大きなお魚がいるのを見られたし

快晴の中、気持ちよく登ることができました。

 

DSC06989

と、いう事で、早春の赤城山。いかがでしたでしょうか?

ゲンカイツツジの淡い感じとともに

「早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ①」おしまいです。

今回もご拝読ありがとうございました(・◇・)/~~~♪♪

 
 

次回の「早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ②」では、

身近にありながら、それほど行かない

全国的にはまぁまぁのパワースポット「榛名神社」の感じをご紹介いたします♪♪

ではでは♪(´ε` )