楽しく安全な旅と、趣味の山登り

旅の記録や山登りをする中で感じた事や見たもの、必要と感じるものなどを紹介していきたいと思います。

四年の月日(´・_・`)

Written By: 岳ちゃん - 4月• 11•15

四月です!

地元の桜前線はだいぶ北上し

既に東北地方へとその足を伸ばしています。

IMG_0719

 

 

 

 

 

 

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

介護保険の改正と

年度末の仕事の忙しさに

月命日であり、節目である

3月11日に

東北地方を訪れることはかないませんでしたが

そのようなことを考えていた矢先

当時からのお付き合いのある方々より

住田町社協のY田さんがご退任との事で

慰労会を開催する旨のお誘いを受けました。

 

折に触れて度々東北地方を訪れていますが、

当時の大黒柱の退任は、時の流れを感じずにはいられません。

 

職場に有休を頂いて、

このお誘いに承諾する旨の連絡を入れました。

 

例によって金曜日の夜出発です。

仙台付近に夜中に到着。

松島のあたりで車中泊して

花巻市へ。

IMG_3668

 

 

 

 

 

 

こちら岩手にも、ようやく春が来ていました。

 

桜はまだ咲いていません。

仙台のあたりが満開で

こちらが咲き出すのは来週くらいでしょうか?

IMG_3669

 

 

 

 

 

IMG_3626

 

 

 

 

 

 

 

こんなことでもなければ

訪れることがなかった「渡り温泉」(←HP)

 

IMG_3627

 

 

 

 

 

 

 

 

渡り温泉 ホテルさつき

会場は「別邸 楓」

IMG_3629

 

 

 

 

 

 

 

 

「住田町基地有志 様」

と書かれています。

 

感慨深いです。

 

IMG_3631

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしい顔ぶれにテンションも上がります。

初めましての方々、初めましてでございましたm(_ _)m

 

細かい内容は割愛させていただきますが

Y田さん、本当に長い間お疲れ様でした。

 

こんな絆が有るのは、住田を率いてきた

Yさんをはじめとする地域の温かいご支援のおかげだと思います。

定期的にまた集まれると良いですね☆

 

IMG_3673

 

 

 

 

 

 

久々の大股

 

IMG_3674

 

 

 

 

 

 

 

本部

IMG_3675

 

 

 

 

 

 

 

発足時の写真が今も飾ってあることに

ウルウルします(T ^ T)

IMG_3676

 

 

 

 

 

 

 

岩手の今を

写真に収めてきました。

 

IMG_3678

 

 

 

 

 

 

IMG_3679

 

 

 

 

 

 

 

高田の雇用促進住宅

IMG_3681

 

 

 

 

 

 

 

慰霊碑に供えられた花と言葉

 

IMG_3682

 

 

 

 

 

 

 

モニュメントとして残された

「奇跡の一本松」

 

IMG_3685

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3694

 

 

 

 

 

 

崩れたまま

そう、四年間もそのままの

堤防や家屋の跡

IMG_3689

 

 

 

 

 

 

IMG_3697

 

 

 

 

 

 

大谷海岸駅

IMG_3703

 

 

 

 

 

 

奥松島観光の拠点駅

野蒜駅

IMG_3718

 

 

 

 

 

IMG_3720

 

IMG_3717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥松島へ向かう道

 

復興にはあまりに多くの時間が掛かる

「復興予算はどこへ行ってるのか?」

と、様々な方々がおっしゃっていました。

 

未だに電気も開通していない地域がある。

これが四年経った現地の現実だなと

実感しました。

 

もちろん、造成の進んでいるところもあります。

全く進んでいないわけではありませんし

当時のように急を要するボランティアの

多くの手助けという意味では

その必要性は乏しくなっています。

 

しかし、今でもなお、津波がすぐ来そうな海岸に

止むを得ず仮設での暮らしをされている方々も多くおりました。

 

旅をするだけでも

東北復興へのお手伝いになります。

 

機会がありましたら

ぜひ東北へ足を運ばれることを

お勧めいたします。

 

それでは今回はこの辺で。

 

最後に、

職場で100歳を迎えた方の

手の写真を掲載させていただき

今回の旅のお話を締めたいと思います。

 

DSC07021

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの御霊の安らかなご冥福と

いまだ見つかっておられない方々の

一人でも多くの発見をお祈りして。

 

 

 

 

 

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください