楽しく安全な旅と、趣味の山登り

旅の記録や山登りをする中で感じた事や見たもの、必要と感じるものなどを紹介していきたいと思います。

早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ①

Written By: 岳ちゃん - 4月• 23•15

春です。。。

近所の敷島公園では、バラが満開となっています。

イメージの中で、一番バラっぽいバラがありました。

 

「レトランジェ」という名前のバラです。

フランス語で「異邦人」という意味らしい。

異邦人………か? ~_~;

IMG_0073

 

そして、ちょっと変わった感じのバラ

IMG_0076

 

こちらは「ジプシーボーイ」

ジプシーは放浪民族だったような…

となるとこれは放浪民族の少年???

 

誰が名前つけてんだろ(⌒-⌒; )

 

 

バラ園の夜はイベント期間中ライトアップされます。

IMG_0668

 

イメージこんな感じです。

期間中の休日は混雑しますが

夜は空いていて いい感じです☆

 

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ♡

 

 

さて、いよいよの本題の前に

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

ありがとうございmath( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ここからは山登りブログらしい記事です。

 

 

暖かくなってきて

なおかつ木々の葉が生い茂らない早春は

稜線がくっきりとしていて雪もそれほど無く

登山者も少なめな時期で山は静かです。

 

なかなかまとまったお休みを山登りに当てられず

アルプスへも行けないため、

近所のお山で欲求を満たします(“,_’)

 

 

今回はアウトドアカメラマンっぽく こんな感じでいきます。

FullSizeRender

 

 

 

(笑)

 

というわけで

IMG_0206

 

 

 

豊富な水と標高などの環境による湿地帯の形成で「小尾瀬」ともいわれる、

群馬県民なら誰もが知っている?かもしれない覚満淵へやって来ました。

朝が早すぎるのか誰もいません(笑)

 

準備体操がてらゆっくり散歩して

覚満淵の奥へ

IMG_0205

 

静かでいいです。

IMG_0203

 

 

雲ひとつ無い青空

左の山は地蔵岳です。

その名の通り?上にはお地蔵さんがいます。

 

ここからさらに奥の見晴らしへと登っていきます。

IMG_0202

 

 

 

上から見た感じ。

右側は駒ヶ岳と黒檜山です。

 

今回はまず、写真左のほうから

長七郎山を目指します。

 

IMG_0198

 

シジュウカラ?かしら( ? _ ? )

IMG_0201 2

 

長七郎山へ登る途中の小地蔵岳。

頂上部分だけ雪があります。

 

まだ2メートル近くの残雪。

少しひんやりしていて気持ち良い♪(´ε` )

IMG_0200 2

 

お次は長七郎山です。

 

IMG_0199 2
で、頂上(笑)
 

大した所もなく間がすっ飛びましたが

小地蔵岳から起伏も少なくそれほど離れていません。

向こうに地蔵岳が見えます。

IMG_0197

 

瓦礫の山頂

初日の出とかはとてもよく見えそうです。

ま、こちらとは反対側ですが

IMG_0194

 

少し下るとこんなのがあります。

IMG_0192

 

冬を越した白樺の木肌が綺麗です(^_^)☆

IMG_0190

 

長七郎山から下ってきて

オトギの森と小沼方面との分岐

ここを小沼方面へ。

 

 

IMG_0186

 

小沼まで下りてまいりました。

 

IMG_0188

 

さて、お次は向こうに見える地蔵岳です。

 

IMG_0187 2

 

年配のご夫婦が先行していました。

 

IMG_0184

 

中腹まで来て振り返ると先ほど登ってきた長七郎山と小沼が見えます。

 

IMG_0182 2

 

山頂に到着。

 

IMG_0174

 

山頂付近から覚満淵。

 

IMG_0177

 

山頂より大沼方面

 

IMG_0178

 

赤城神社を拡大してみました。

木々に葉がないのでちと寂しいですが水面に映る様子が美しいです。

 

IMG_0173

 

残雪の道を下ります。

 

初めてだと不安になるかもしれませんが

踵を突き刺すように?歩ける方はアイゼンは要らないと思います。

不安を覚える方は軽アイゼンがあると楽に下れると思います。

 

IMG_0172

先ほどの残雪部分を下りて振り返った所。

足跡がよく見えます(^ ^)

 

IMG_0171

更に下って山頂方向を振り返った所です。

この辺もおおよそ1メートル以上は残雪がありました。

気温が高めでしたので踵はよく刺さりましたが、

雪崩防止のため、なるべくまっすぐ降りると良いと思います。

 

IMG_0169

弁天様まで下りてまいりました。

 

IMG_0161

時間も早かったので赤城神社へ(^人^)

 

IMG_0168

鳥居をくぐらず横を通ります(笑)

 

IMG_0165

 

手を清めて

 

IMG_0164

お参り(^ ^)

無事に登らせていただきました。

IMG_0196 2

快晴の空の下

簡単なランチ?を食べてからゆっくり下山。

 

早春の山登り、地元のお山もいつも新しい発見があって

小沼にも大きなお魚がいるのを見られたし

快晴の中、気持ちよく登ることができました。

 

DSC06989

と、いう事で、早春の赤城山。いかがでしたでしょうか?

ゲンカイツツジの淡い感じとともに

「早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ①」おしまいです。

今回もご拝読ありがとうございました(・◇・)/~~~♪♪

 
 

次回の「早春の赤城山と榛名神社 _φ(・_・ ②」では、

身近にありながら、それほど行かない

全国的にはまぁまぁのパワースポット「榛名神社」の感じをご紹介いたします♪♪

ではでは♪(´ε` )

 

 

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA