楽しく安全な旅と、趣味の山登り

旅の記録や山登りをする中で感じた事や見たもの、必要と感じるものなどを紹介していきたいと思います。

日本の原風景②

Written By: 岳ちゃん - 3月• 20•16

はい、やってきました。

北陸~。

 

とその前に・・・

 

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村  

 

 

のんびりと走行し、お腹も空いてくる時間になったので

能登のお寿司を食べようと金沢の回転寿司へ。

「もりもり寿司」というところで

近海のお寿司をいただきました。

お手軽で美味しい地のものをいただきながら周辺の検索を行っていると、

輪島の道の駅があることがわかり、そこを本日ののお宿とすることにして、

寝床につく前に手頃な温泉へ行くことに。

 

能登半島の取っつき、石川県七尾市和倉町にある

和倉温泉(←クリックで和倉温泉のHP)がなかなかの感じで

1200年前から続く、由緒ある温泉らしいです。

ここでひとッ風呂浴びましょう。

 

待合所で周辺の観光案内を見ていると、日本海に面した棚田のライトアップ、

その名も「あぜのきらめき」が開催中のようです。

場所は輪島市の北。ここからだと車で一時間くらい。

ちょっと行ってみようかしら。

 

ポカポカになった体でのんびりと北上し「千枚田ポケットパーク」を目指します。

北陸は高速道路的なのがありますが、みんな「無料区間」の表示♪(´ε` )

ストレスもなくスイスイ行く感じです。

DSC05854

夕方に到着し、いい感じに薄暗くなってきました。

明るいところで見れば、白川の原風景と共に自然の雰囲気を

いい感じで見ることのできるスポットです。

 

DSC05855

 

 

イルミネーションが点灯しましたが、まだまだ微妙な時間帯のため

しばらくお土産やさんなどを見学しながら時間調整。

 

 

DSC05892

 

 

なるほど〜(O_O)

あぜ道にこれだけのイルミネーションを埋め込むなんて・・・かなりの手間がかかってます。

「あぜのきらめき」の「あぜ」。煌いてます。

 

ちなみに昼間の様子はこんな感じ。

 

DSC05959

 

日本海と棚田。

調べてはいませんがきっと「日本の棚田100選」に選ばれていることでしょう。

 

 

DSC05962

 

 

昼間の「千枚田ポケットパーク」への入り口。

輪島からそれほど離れていませんので下の写真の

「道の駅 輪島」からは車で15分くらいです。

 

そして今夜の寝床へ。

 

DSC05898

 

道の駅ですが「ふらっと訪夢

・・フラットホーム・・プラットホーム

 

とお察しするに固い感じの名称です。

リンク先のホームページによると

 

道の駅輪島は、廃止された鉄道の旧輪島駅の駅前広場を活用し

交通ターミナルの再生、新しい交流拠点を目指し整備され、「ふらっと訪夢」

と名付けられたとのことです。

 

 

翌朝は「輪島の朝市」へ

DSC05911

 

 

道の駅から徒歩で行きましたが、

途中には、足湯や重蔵神社、

 

DSC05903

DSC05901

 

歩道は写真だとわかりにくいですが

貝殻が埋め込まれているなど、見所はたくさんありました。
DSC05933
キラキラとところどころに埋まっているのが貝殻だそうです。
干物や地元名物などがあり、朝から賑わっています。
DSC05908

DSC05912

DSC05920

 

クチナシの色素で色付けしたもち米で餡をくるんだ「えがらまんじゅう」

サッカーで有名な中田英寿さんも味わったらしいです。

 

 

 

ひとしきり朝市を堪能したあとは能登半島ぐるっと一周です。

せっかく自動車で来ているので好きなように行きたいと思います。

 

 

千枚田の日中の写真を撮り、能登半島の北を目指します。

途中にあった変なトンネルが目に付いたので見に行ってみると・・・
DSC08322
せっぷんトンネル?・・・( ? _ ? )

トンネルを抜けてみます。
DSC08326
夜はこのトンネルの中に大きなハートの輪ができる。

そしてせっぷんをしたカップルは幸せになれる的なヤツだそうです。

詳しくは「せっぷんトンネル」(⇦リンク)をご覧くださいませ。
 

 

 

ぐるっと回って今度は珠洲というところまできました。
賑やかな様子があったので車を降りると『B級グルメ』の催しが開かれております。
DSC06001
すごい賑わい。

確かにここに来るまでコレといった地点はなく。

景色はいいのですがやはりこういったのも大事です。
DSC06013

DSC06020

DSC06025

 
地元の名物などをここでいただきます。

 

写真はありませんが『メガラスの唐揚げ』というのを試食させていただきました。

初めて食べましたがコリコリした食感が良く、産地ならではのモノを食すことができました。

メガラスって聞いたことなかったのであとで調べたら、実は能登のある漁港は烏賊の水揚高が全国2位とからしく

その烏賊の口の部分のことをメガラスというらしいです。

 

これを能登の珍味として売り出しているとのこと。

納得。(・ω・)

 

その珠洲から程近い場所で少しばかり休憩。

奇岩のある海岸。

 

DSC08317
「窓岩」というらしい。

窓ありますね。

 
その向こうには海に突き出た小島に弁天様があるようです。

DSC08330

親子でお参り。

ホンワカした感じします。

 

 

 

 

・・・といった感じでぐるっと能登半島を一周し、今回の北陸の日本の原風景を巡る旅は終わり。

自宅まではのんびりペースで8時間。

ゆっくり帰ります。

 

やっぱり冬の白川郷は一番でした。

真っ白な茅葺屋根の昔話のような集落はここだけではなく

大阪の古民家や福島の大内宿などが有名です。

 

機会があればこちらの方などにも訪れてみたいです。

それではまた次回。

 

最後までご拝読ありがとうございました。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

DSC05725

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA