楽しく安全な旅と、趣味の山登り

旅の記録や山登りをする中で感じた事や見たもの、必要と感じるものなどを紹介していきたいと思います。

赤城山ϵ( ‘Θ’ )϶

Written By: 岳ちゃん - 4月• 25•16

北陸の原風景からひと月ほどして、久々の山登りへ。

 

今回は。。。の前に

 

 

⇩⇩⇩こちらのクリックご協力、⇩⇩⇩

お願いいたします★
(*ゝω・*)ノ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

ありがとうございます。

 

*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*゚・*:.。. .。.:*・*☆*

 

さて、今回は近所の赤城山です。

久々の雪山。ウキウキします♫

 

 

天候は微妙な感じが漂っていましたが、

天気図を見ると悪天候というわけでもなさそうでしたので

職場の人と一緒に冬の赤城山へ行きました。

 

朝薄暗いうちに出発して、明るくなってきた頃、

赤城の大沼駐車場から出発。

img_6267
登っている途中の景色は真っ白ですw
img_6266
一面の白・白・白。

ただ、すごい風でもないし、雪がたくさん降っているわけでもないので、

下から見ると、ふんわりとした綿のような雲に覆われていたような感じでしょうか。

 

img_6269
駒ケ岳に到着。
img_6272
黒檜山へ向かいます。

この時期は閑散としがちかと思われていますが、

道中、まずまずたくさんの人々とすれ違っています。

大学生風の男の子や、単独女性や、女性のみのグループ、

シニアな感じの男性、カップルなど、結構な人々がいました。

img_6278
こんな感じの氷柱も趣があります。
img_6280
見えてきました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

相変わらず、辺りは真っ白ですが・・・
img_6284
お参り。
img_6285
赤城のてっぺんから御黒檜大神さまが見守っています。
img_6288
山頂部。

img_6300
10数名の方々が休憩したり、アイゼンを付け直したりしていました。
img_6303
ここで軽く昼食。
img_6298
お祈りが通じたのか晴れ間も見えて、

雪景色なのに山頂は少し暖かいくらいでした。
img_6311
くだり。

私はアイゼンを付けていませんが、あまり滑る感じはありません。

雪山初めての人と一緒なので様子を見ながらゆっくりと降ります。

雪のくだりはどんなに慣れたところでも油断はできません。
img_6312
上から見る赤城神社。

猫岩付近。

 

img_6323
ちょうど霞が晴れて、沼と神社が姿を現してくれました。
img_6353
無事に下って、赤城神社へお参り。

個人的には秋と冬の赤城神社が好きです。

 

img_6333
今年はいいことあるといいね〜ϵ( ‘Θ’ )϶
img_6359
大沼駐車場への途中から見た赤城神社です。

なんども来ているためそれほどの感動はありませんが、

冬はいい感じです。

冷えた体は赤城県道を降りてすぐの「富士見温泉」で温めます。

上にいた登山者もここでひとッ風呂浴びている感じの方が多く見受けられます。
img_6257
入り口
img_6256
効能。

ナトリウム・カルシウム塩化物温泉という温泉で、

温泉好きの人の中でも隠れた名湯?として親しまれているらしいです。
img_6362
ご飯ものもありますのでゆっくりお休みできます♪( ´▽`)
img_6363
疲れた体にガッツリ⭐︎

1日の運動がチャラになりますw

 

地元なので一年を通していつでも来ることができますが、

また秋にでも来たいと思います。

 

⇩⇩秋の覚満淵の様子⇩⇩
dsc09257-copy

最後までご拝読ありがとうございました。

それではまた( ´ ▽ ` )ノ

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA